トレチノイン治療中はアンダーヘアのVIO脱毛に注意

脱毛といえばワキ脱毛が人気が高いですが、最近ではアンダーヘア周辺のムダ毛を処理するVIO脱毛も需要が高い脱毛部位の一つと言われています。

VIO脱毛におけるアンダーヘア周辺のムダ毛というのは、ビキニラインのV、陰部周りのI、肛門周辺のOラインのことを指し、欧米では当たり前の習慣となっていて、男性の間でもアンダーヘアの処理は最低限のマナーとして認知されています。

女性の場合、下着や水着からのはみ出しを気にせず、生理の時に毛が経血で汚れることがなく、また毛によって蒸れることによる匂いの発生を防ぐ効果もあります。

男性の場合は、排便の際に毛が便で汚れることがないのでウォシュレットがないトイレでも衛生的であり、清潔感が保てます。

人気の高いVIO脱毛は、基本的には体調が万全であれば女性の場合は生理の時期を抜いていつでも脱毛できるのですが、避けたほうがいい時期というのがあります。

それはトレチノイン治療をしている時です。

トレチノインは、美容皮膚科や美容クリニックなどで行われる治療で、黒ずみやくすみ、色素沈着やニキビや吹き出物などの肌トラブルを繰り返しやすい人におすすめの治療法です。

トレチノインはビタミンA誘導体であり、表皮の奥底にあるメラニンの排出を促したり、古い角質をはがしてどんどん新しい肌細胞を活性化させることで、肌をみずみずしく若返らせるアンチエイジング効果もあります。

そのため、美容皮膚科や美容クリニックで治療を受ける人も多いのですが、トレチノインの治療中には、あまり脱毛するのはおすすめしません。

トレチノインは古い角質をはがす作用があり、脱毛と一緒に皮膚が剥がれてしまう恐れもあるので、トレチノインの配合された内服薬を服用中は、服用を停止して脱毛を行うか、トレチノイン治療を先に終わらせるかした方が良いと言われていますので、治療と脱毛施術の時期が重ならないように気をつけるようにしましょう。