肌の老化を止めるスキンアンチエイジング

スキンアンチエイジングという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
肌の老化を止めるためのケアのことであり、特に若い女性や中高年の人達に広まってきています。
肌の老化を止めるにはいくつかのポイントがありますが、その前にまず肌が老化してしまう仕組みを知っておきましょう。
人間の肌というのは常に外界にさらされ、外からの刺激を受けて傷つき、それを体内の作用で修復し、再生し、そして日々細胞は入れ替わっています。
しかし20代のある年齢を境に、代謝の速度が落ちてきてしまい、細胞の修復や入れ替えの周期というのもだんだんと遅くなってきます。
そしてそれが表に現れてくるのが、多くの場合中年齢ぐらいの時期になっているのです。
しかし、同年齢でも明らかに肌の老化が進んでいる人とそうでない人がいます。
それはまず、紫外線などの肌のダメージの違いによります。
若い時から肌にダメージを受け続けているほど、蓄積された細胞の損傷は早い時期から現れてきます。
そして、損傷を受けた細胞の修復機能の違いも関わってきます。
新陳代謝を高める栄養素、具体的にはビタミンBやコラーゲンなどを豊富に摂取している人は、老化のスピードが遅く、長く肌を健康な状態に保つことができます。
さらに、肌の老化の最大の原因である、活性酸素というのが密接に関わってきます。
活性酸素は、上述の紫外線や排気ガス等に含まれ、肌をはじめとした体内の細胞に悪影響を及ぼします。
普段からこの活性酸素は体内でも産生されていますが、それを抑える働きも備わっています。
その働きが悪くなってくると、どんどん肌の老化が進んでしまうわけです。
活性酸素の働きを抑える抗酸化物質として有効な成分として、ビタミンC、ビタミンE、水素などがあります。
これらを積極的に摂ることで、スキンアンチエイジングに励みましょう。